JUGEMテーマ:淡路島

 

玉ねぎ保存方法

 

様々な調理法で、和・洋・中問わず活躍してくれる玉ねぎ。生活には欠かせない野菜ですが、そんな玉ねぎの特長として、『常温で長期保存が可能』ということが挙げられます。基本的には日光を避けた風通しのよいところであれば2ヶ月ほど、冷蔵保存でも1ヶ月ほど保存ができると言われています。基本的に多くの野菜は乾燥によって水分が失われ、シワシワになってしまうため、ある程度の湿度を保って保存することが多いのですが、玉ねぎの場合は逆に湿度が腐ってしまう原因になるんです。では、具体的にはどのような保存方法が適しているのか?今回はそれを見ていきましょう。

 

 


  • 吊るして保存

 

吊るし玉ねぎ

 

 玉ねぎ劣化の要因には、一番に湿気が挙げられます。そのため、風通しがよく乾燥した場所での保存が必須です。また、玉ねぎ同士が触れ合わないようにすることで、さらに長持ちさせることができます。そこでおススメしたいのが、玉ねぎを吊るして保存する方法。紐でひとつずつ縛って吊るすこともできますが、縛る手間が…という方にはミカンのネットやストッキングを使って保存する方法も。通気性がよく、袋状になっているため出し入れも簡単ですよ。
 一枚あたりのネットやストッキングに対して、複数の玉ねぎを入れるときは出来れば結び目を作り、ひとつひとつ仕切りを作ってあげると良いでしょう。また、何枚か吊るすときは他に吊るしている玉ねぎのネットと少しづつ高さをズラすなど、重ならないようにするとなお良いですよ。

 

 


  • 箱、段ボールで保存

 住んでいる環境上、吊るして保存が難しい場合、箱や段ボールに入れて保存するのが望ましいです。まず、玉ねぎをひとつずつ新聞紙に包みます。新聞紙には湿気を吸い取る効果があるため、これで玉ねぎを湿気からしっかりと守ります。あとは玉ねぎを箱・段ボールに入れて風通しのよい日陰に置きましょう。なお、箱に入れる際に気を付けたいのは玉ねぎをキッチリ入れるのではなく、なるべく隙間を空けて詰めること。玉ねぎがギチギチになった状態では風通しが悪く、傷みを早める原因になります。

 

 


※風通しのよい日陰に吊るして保存した場合、2〜3ヶ月ほどもつと言われています。しっかりと丁寧に保存すれば、かなり長期間保存できますが、注意したいのは新玉ねぎの場合。通常の玉ねぎよりも水分が多いため、どうしても傷むのが早くなってしまいます。新玉ねぎの場合はなるべく新鮮なうちに使うようにしましょう。

 


 特に保存方法を気にしなくても長期間保存ができるイメージが強い玉ねぎ。でも、しっかりと正しい保存方法を覚えれば、意識せず保存していたときよりもずっと長く保存することができますよ。様々な料理で、おいしく玉ねぎを使うためにも、より良い状態で上手に保存してあげたいものですね。

 

 

淡路島の玉ねぎをネットで購入
 

東中青果玉ねぎ