JUGEMテーマ:食生活

 

淡路島新玉ねぎ

 

旬の玉ねぎの新玉ねぎは、水分が多く皮が柔らかいので普通の玉ねぎより日持ちしません。

 

やはり新鮮なうちに食べたいですよね。

 

そこで新玉ねぎを長持ちする方法なのですが、

 

ラップでぴったり包む

 

という方法が一番簡単で長持ちする方法です。

 

他の野菜でもそうですが切り口から痛みやすいので野菜室などに入れるときにはラップを巻いて保存すると長持ちします。

 

新たまの場合は

 

1.皮をむく

 

2.上下を切り落とす

 

3.ラップでぴったり包む

 

4.ビニール袋などに入れて野菜室に保存

 

この方法で新たまも比較的に長持ちして食べられます。

 

 

ぜひお試しください。

 

 


毎日の日課
最強の健康レシピ「酢玉ねぎ」


 

新たまにぴったりのレシピ「玉ねぎスライス」

淡路島産新玉ねぎ うずしお甘玉ねぎ L 10kg | 送料無料 

 

 

淡路島の玉ねぎをネットで購入