JUGEMテーマ:淡路島

 

玉ねぎスライス

 

玉ねぎの血糖値への有効成分を効率よく得るなら生で食べるのが一番です。

 

 

玉ねぎスライスの作り方

 

1.玉ねぎの薄皮をむいたら、包丁やスライサーで薄くスライスします。

 

この時、水にさらすと栄養分がとんでしまいますので、辛味を消すのに水にさらすのはやめましょう。

 

 

「縦切り横切りどっちがいいの?」

 

縦切り横きり

 

繊維に沿って縦切りにすると、血糖値を下げる作用のある「硫化プロピル」をそのまま摂取できます。

また横切りでは「硫化アリル」が空気に触れることでできる「チオスルフィネーチ」は血液サラサラ効果が期待できます。こちらは動脈硬化の予防に役立ちます。

 

 

2.20分以上空気にさらすことで辛味がやわらぎ、有効成分が増します。

 

 

 

玉ねぎスライスの効果

 

●血液サラサラ効果

●血糖を低下させ正常値にする

●毎日続けられる簡単調理

 

 

毎日1/2〜1個分食べるのが効果的です。

 

体のダルさがすっきりし、血糖値が正常化されますので是非毎日の習慣にしてください。

 

 

生で食べて胃腸が少し痛くなるような体質の方は酢玉ねぎがオススメです。

 

酢玉ねぎのレシピはこちら

 

 

 


 

淡路島の玉ねぎをネットで購入

 

より甘みの強い2L玉ねぎ
 

 

 

東中青果TOP